セロトニンupで脳あたまの癒し リラクゼーションエステlienりあん東川口 草加BRS 南越谷

心と脳とカラダのデトックスと癒し。パワーストーンも♪メンズヘッドセラピー,脳の癒しブレインセラピー,頭デトックス,頭筋リフレ,パワーストーンマッサージ,アロマフェイシャル,リンパディープマッサージ,ラジオ波フェイシャル,キャビテーションラジオ波,リーズナブルな価格,セルライトケア,ドライヘッドスパ,salonりあん草加・東川口

イヤだ辛い別れたいと言いながらも別れない人は依存体質

相手を悪く言って 被害者になって周りにも言ってるのに別れない人

身近にいませんか?旦那がDVすると言ってる割に

離れない。本当に嫌で嫌でふざけるな!くらいの気持ちが

あるなら、DVから逃れるために 別れますよね。

言って割には、普通に暮らしてる。旦那を加害者に仕立て

みんなから、哀れんでもらうために言いふらし。。。

なのに、離れない。

それは、愛してるから???

いいえ。それは他にメリットがあるから一緒にいるだけです。

きっとお金なのか、ふだんのやさしい旦那を見て私がいないとダメ

なんだわ!と母性本能擽られるのか、どちらにしても

自分の為に ダメ男といる。

それは、依存性というものだそうです。

 

嫌いなのに。相手を傷つけることを自らやって満足してるのに。
相手のことを悪く言う…周りからから同情して貰ってるのに。。。
 
嫌な思い 傷つけられる相手から
 
離れない不思議な人……
 
「こんなに嫌な思いしてるのに離れないってことは、愛してるのかな?
相手も自分のことを愛してくれてるのかな?」と思うでしょう。
 
それは。心理学 脳学的にいうと、、、
 
愛してるからではなく!
自分しか愛せないから、離れられないのです!
 
「愛」ではなく、「依存」
 
そして、”お互い ”嫌い合ってる 
お互い”罵り合いしてるのに
離れられないのは、「依存」です!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
特に男性は、見捨てられ不安が強いそうです。
自分なんか。。。と思っているから、そんな
自分と居てくれる人を、悪い関係だと分かっていても、捨てることが出来ない。
 
 相手の 本当の意味での自由を奪い、
支配することで、自己評価を満たし
ているんだとか。。。
 
それは相手のためではなく自分のため!
自分の自己評価を満たすために
ダメな相手が必要だということです。
━━━━━━━━━━━━━━
例えば、男性が経済力があって 
自由にお金をつかえる身である場合……。
 
世話をする&養ってやってる相手を依存させ、
生活力を奪って、支配するのです。
そのくせ、与えるばかりの境遇に心が疲れ果て
ながらも、キツイ状況ながらも、相手を支配する現状を捨てられないのです。
 
何故なら?
 
それで、自己評価を満たしているから。
自分が強く立派な立場でいるために、
ダメ妻が必要なのです。
 
これもひとつの依存形です。
 
お互いに与えてくれる相手に依存、
受け取ってくれる相手に依存、という形で
依存し合っているから
共依存というのです。
━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓あおいさん↓↓
 
 
まさに、その状況の人がいます。
クズだの、情けない男だの、暴力男でDVやられても耐えて耐えて生活してきただの、
相手の事だけでなくその家族までおかしな人扱いして、散々な酷いことを言ってる割に、
 
イザとなると
 
あれこれ かれこれこーだから 
それが片付かないと別れることは出来ない!
子どもがあーだからこーだから別れることは
出来ない!と言う💦
 
聞いてる第三者さんは、そこまで言うなら
離れたらいいのに😅と思ってしまう。
子どもだって、自分のせいで犠牲になってるんだと言われたら、たまらないです💦
 
ダメ男が、しっかりした、いい男になったら
困る😰心理。。。まさにこれだと思います。
 
自分はこんなにも立派な彼女(妻)なんだと。。。
自分は経済的支配力で相手をも支配できる
凄い男なんだ♪と、評価されるためには
 
ダメ人間と一緒にいること。
これが、~共依存
──────────
束縛や支配に従って
自己犠牲をしながら
自己評価を保っている。
これも相手のためではなく
自分のための行為ですね
──────────
共依存の行き着く先は、共に自滅すること
深入りしてしまうと、とても危険なこと。
お互いが、ひとりの人間として、
自律した大人になれない。
 
一緒に、幸せになろうね!の恋人(夫婦)
ではなく、
お互い罵り合いながらも、
それでも一緒に不幸でいましょうね恋人(夫婦)でしかいられなくなるんです。
 
どちらかが、
自律と自立をし始めたら、
アッ!!!という間に
壊れる仲が共依存です。
 
 
自分とも重ね合わせて生きていこうと
思います。過去 そうだったかな?と
考えさせられました。